はやし雑記

はやしです


HHKB (US配列) をUbuntuでいい感じに使えるようにした

備忘録として残しておく

HHKB Professional HYBRID Type-S 英語配列を使っている。 複数ペアリングできるので、MacとUbuntuをさくっと切り替えられてとても便利だが、Ubuntuでいい感じに使うためにはゴニョゴニョする必要があった。

Macで主に使っているので、DPIの設定はMacモードにしている。

Macでは⌘+Cや⌘+Vなどを主に使うので、UbuntuでもSuperをCtrlにして、⌘+Cの位置で色々できるようにしたい。 WindowsではWinキー、Macでは⌘キーが、Superに対応している。

また、日本語入力のためにmozcを入れた。 英語と日本語の切り替えは、Macと同じ場所を押すようにしたいので、(入れ替え後)⌘+Spaceで切り替える。

Ubuntuは21.04を使っている。

Super(⌘)を押したときに、Activitiesの画面にならないようにする。

⌘を押したときに、Activitiesの画面になってしまうのがウザいので、以下のようにして止めた。

$ gsettings set org.gnome.mutter overlay-key ''
$ gsettings get org.gnome.mutter overlay-key
''

SuperとControlを入れ替える

ググるとxmodmapを使う方法など色々あるが、evdevのWINとCTLのキーコードを入れ替えるのが一番楽だった。

$ sudo patch /usr/share/X11/xkb/keycodes/evdev << evdev.patch
69,70c69
<   // <LCTL> = 37;
<         <LCTL> = 133;
---
>    <LCTL> = 37;
72,73c71
<   // <RCTL> = 105;
<         <RCTL> = 134;
---
>    <RCTL> = 105;
76,79c74,75
<   // <LWIN> = 133
<         <LWIN> = 37;
<   // <RWIN> = 134;
<         <RWIN> = 105;
---
>    <LWIN> = 133;
>    <RWIN> = 134;

mozcを入れる(デフォルトでInput modeがHiraganaになるようにして)

aptでibus-mozc を入れればさくっと入るが、デフォルトのinput modeがDirect inputなのが嫌なので、ゴニョゴニョした。

$ mkdir tmp
$ cd tmp

$ sudo apt build-dep ibus-mozc -y
$ apt source ibus-mozc

$ patch ./mozc*/src/unix/ibus/property_handler.cc < ../mozc.patch
$ cd mozc*
$ dpkg-buildpackage -us -uc -b

$ cd ..
$ sudo dpkg -i ./mozc*.deb ./ibus-mozc*.deb

$ cd ..
$ rm -rf tmp
83c83
< const bool kActivatedOnLaunch = false;
---
> const bool kActivatedOnLaunch = true; // false;

事前にSoftware & Updatesの設定からSource codeをOnにする必要がある。

f:id:hayashikunsan:20210509201434p:plain

言語設定では、JapaneseとEnglishにして、切り替えのShortcut keyはそのままにした。

f:id:hayashikunsan:20210509201633p:plain

f:id:hayashikunsan:20210509201542p:plain

言語の切り替えをSuper+SpaceではなくCtrl+Spaceなどで行うのでも良ければ、 mozcのShortcut keyでDirect inputとHiraganaを切り替えるようにすれば日本語英語の切り替えができて、 apt install ibus-mozcでAll OKなのだが、Super+SpaceはmozcのShortcut keyでは設定できないので、 面倒な事をしている。